image

和紅茶と国産紅茶の違いを聞かれました。私の思うところを書きます。和紅茶のネーミングは私が考えたことになっています。私よりも先に使っていた人はいるかもしれませんが、サイトのドメインでは、私が最初に取得しました(2004年にwakocha.comを取得)。
●和紅茶と国産紅茶の違い
和紅茶と国産紅茶は呼び方が違うだけで、意味することは同じです。どちらも国産茶葉100%で作った紅茶を意味しています。和紅茶も国産紅茶も、どこか特定地域の紅茶や、特定品種の紅茶を指すものではありません。日本国内で栽培、製茶された紅茶の総称として使っています。和紅茶を飲み物などの商品名に使うことはできません。コカコーラが商標登録しています(第2047682号)。
●なぜ和紅茶なのか
国産紅茶をことさら和紅茶と呼んでいるのは、インドの紅茶とも違う、スリランカの紅茶とも中国の紅茶とも違う、日本の紅茶、ということを強調したかったからです。日本紅茶でも良かったのですが、イメージが広がりやすい和紅茶というネーミングを考えました。
●和紅茶は品種が違うのか
ヤブキタのような緑茶品種で作ったものを和紅茶と呼び、ベニフウキのような紅茶品種で作ったものと区別するという考え方を聞いたことがありますが、意味のあることとは思いません。インドの代表的な紅茶であるダージリンは、品種的には中国茶の系統ですが、誰もがインドの紅茶と認めています。どこで栽培されているかを重視するのが、自然な考え方ではないでしょうか。また、紅茶と緑茶は、品種ではなく製法で区別されています。品種による区別は意味があるものとは思えません。
●和紅茶の定義について
従って、和紅茶の定義はありません。国産茶葉で紅茶をつくる活動が各地で起こり、大きな流れになりつつあります。その現象や流れに対して「和紅茶」という名前を与え、方向性を示した、と私は考えています。
●和紅茶はワールド・ティー
その方向性とは、西洋の紅茶、インドやスリランカの紅茶、中国の紅茶を模倣するのではなく、日本独自の紅茶を追求しよう、というものです。日本人の年配世代は(私もそうです)紅茶を舶来の文化と考えていますが、情報社会に生きる若い世代は、アジアやアフリカでも紅茶がつくられていることを知っていますし、インドのチャイやチベットのバター茶など、各地で独特の飲み方、茶文化があることも知っています。そのような時代だからこそ、ワールドミュージックならぬワールド・ティーのひとつとして和紅茶を位置づけることができると思っています。和紅茶の定義付けは研究者にお任せします。
●和紅茶と地紅茶
和紅茶よりも一歩早くスタートした国産紅茶の活動に「地紅茶」があります。鳥取紅茶の会の藤原一輝さんが提案したものです。私は藤原さんから紅茶を教わり、一緒に「全国地紅茶サミット」を立ち上げました。全国地紅茶サミットは2010年の静岡大会を機に大きな変化が起こりつつあります。どのように変化するかは分かりませんが、たとえば、和紅茶と地紅茶の論争が始まると考えています。
和紅茶が示した方向性と、地紅茶が示した方向性との違いが、これからは明らかにされるでしょう。これは分派活動ではありません。予想を超えた広がりを見せつつある和紅茶・地紅茶がどこに向かおうとしているか、それを考えるときが来た、ということです。
●この和紅茶サイトについて
前述したように、私はwakocha.comというサイトを運営していますが、写真が表示されないなどの不具合が出てきたため、こちらにサイトを移動することにしました(2011年)。しばらくは移行期間として、向こうのサイトもそのままにしておきます。こちらのサイトの編集方針はつくりながら考えます。
●和紅茶は私の活動です
私は紅茶をつくっていますが、お茶農家ではありません。日曜市などのイベントに紅茶のブースを出店することもありますが、お茶屋さんでもなく、喫茶店のマスターでもありません。紅茶づくりは私の趣味であり、ビジネスでもありますが、一番ぴったりくる言いかたは「活動」です。
●加賀の紅茶・四万十の紅茶
私は地域特産品開発として紅茶づくりを始めました。加賀の紅茶(石川県)と四万十の紅茶(高知県)の商品化をコーディネートしています。このサイトでは、全国で活躍している和紅茶、地紅茶の生産者や関係者の皆さんの活動を伝えることで、つながりを作っていきたいと考えています。
2011年1月 運営者 赤須治郎